こどもみらい住宅支援事業(新築の補助金)

 

こどもみらい住宅支援事業とは

 

こどもみらい住宅支援事業は、子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、​
子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や​
住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、子育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に伴う​
負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事業です。

 

 

こどもみらい住宅支援事業の概要

 

こどもみらい住宅支援事業の補助金申請手続きは、家を建てる人が個人で行うことはできません。

あらかじめこどもみらい住宅支援事業に登録している事業者が行います。

従って、こどもみらい住宅支援事業の補助金を利用して新築住宅を建てたい場合には、登録事業者である建築会社を選ぶ必要があります。

 

 

新築戸建て住宅に求められる要件別こどもみらい住宅支援事業の補助額

 

新築住宅・新築分譲住宅でのこどもみらい住宅支援事業補助金は、省エネ性能の高さによって補助額の上限が変わります。

 

ZEH、 Nearly ZEH、 ZEH Ready、 ZEH Oriented   補助金額100万円 / 戸

 

ZEHは、ZEH基準の断熱性と、太陽光発電などによって、家庭での消費エネルギーをプラスマイナスゼロにする家です。

こどもみらい住宅支援事業補助金では、ZEH以外に、プラスマイナスゼロに満たないタイプも対象になっています。

因みに、この消費エネルギーとは、冷暖房・換気・給湯・照明に関するもので、「その他のエネルギー」と呼ばれる家電などで消費されるエネルギーは含まれません。

 

ZEH 一次エネルギー消費量を正味ゼロまたはマイナスの住宅

Nearly ZEH 一次エネルギー消費量をゼロに近づけた住宅

ZEH Ready 一次エネルギーを50%減らす住宅

ZEH Oriented 都市部の狭小住宅に適応されるもので、再生可能エネルギーなどは備えないがその他のZEH性能を有した住宅

 

 

高い省エネ性能等を有する住宅
認定長期優良住宅、認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅    補助金額80万円 / 戸

 

認定長期優良住宅 長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備に講じられた優良な住宅で、断熱性能等級4が必須

認定低炭素住宅 二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物であることを、都道府県、又は市や区に認定された住宅

性能向上計画認定住宅 建築物エネルギー消費性能向上計画が建築物省エネ法第35条誘導基準に適合していることを、都道府県、又は市や区に認定された住宅

 

 

一定の省エネ性能を有する住宅 補助金額60万円 / 戸

住宅性能表示基準にある断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4を備える住宅

 

 

 

 

新築住宅・新築分譲住宅でのこどもみらい住宅支援事業補助金のスケジュール

 

 

契約 2021年11月26日〜2022年10月31日までに工事請負契約・売買契約を締結する

着工 事業者登録後

補助金申請      2022年3月頃~遅くとも2022年10月31日(予定)

期間内に予算に達した場合、申請受付が打ち切られることがあります。

完了報告 〜2023年5月31日

 

 

こどもみらい住宅支援事業補助金の対象となる世帯

 

子育て世帯

申請時点において、2021年4月1日時点で18歳未満(2003年4月2日以降に出生した子ども)がいる世帯

 

若者夫婦世帯

申請時点において夫婦であり、2021年4月1日時点でいずれかが39歳以下(1981年4月2日以降に出生した人)の世帯

 

 

省エネ性能の高い家を新築する意味

 

家づくりを検討する際には、誰もが現在の住まいより暮らしやすい家にしたいという想いを持つのではないでしょうか?

家族がゆったり過ごせる日当たりの良いリビング、料理が楽しくなる素敵なキッチン、景色や庭をを楽しめる窓、家事が楽にできる間取り、子どもの見守りがしやすく安全な家、整理整頓しやすい収納、居心地の良い内装…など暮らしやすい家に求められる要素は限りなくあります。

デザインや間取りに関する希望は、家族の好みや価値観、家族構成と暮らし方によって、家族ごとに違います。

 

一方、快適な室温やきれいな空気環境を調えることは、全ての家族にとって共通する要素です。

 

省エネ性能の高い家にするということは、季節の変化に応じて、快適な温熱環境が家計を圧迫せずに調えられる家にするということです。

省エネ性能の低い家では、最適な室温を調えるために、多くの電気やガスを消費するため、光熱費が家計を圧迫します。脱炭素という視点においても改善が必要になります。お子さんやお孫さんなど次の世代を担う人たちに、少しでも地球環境負荷の少ない社会を手渡すという思いも大切なのではないでしょうか。

 

また省エネ性能の高い家にするということのメリットは、基準の数字を満たすということだけでは得られません。太陽の光や熱、地域の風などの自然エネルギーを上手に活かせる家にすることも大切です。ただ、省エネ性能を高めるとイニシャルコストである建築費はかさんでいきます。暮らし始めてからのランニングコストが減り、費用対効果は確実に得られるものですが、新築時の負担が減るわけではありません。

 

そこで、子どもみらい住宅支援事業の補助金など、省エネ性能の高い家で使える補助金が役立ちます。

上手に活用して、家づくりに役立てましょう。

 

 

2022.3.10. 9:00
新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

 

皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
2022年も、引き続き、社員一同一丸となり家づくりのために尽力してまいります。

より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

 

また、本年も弊社のお知らせなどを定期的に更新し、情報配信に努めてまいりますので、

お時間の空いた際にお読みいただけると嬉しく思います。

 

本年も兵恵建設をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2022.1.1. 10:00
「上籾棚田テラス 籾庵」リニューアルオープン

施工を担当していた「上籾棚田テラス 籾庵」が7月下旬に完成し、
8月1日に増築リニューアルオープンいたしました。

 

 

籾庵は「日本の棚田百選」に認定された棚田が有名な久米南町上籾地区にあり、
テラスから目の前に広がる棚田の壮観な景色を眺めながらお食事ができます。

 

 

今ではきれいに整えられている棚田ですが、
数年前までは地域の高齢化とともに、棚田を維持していく人手不足により、
棚田の耕作放棄地がどんどん広がっていました。

 

このような状況を打破してくださったのが「株式会社パソナグループ」様。
地区住民とともに平成30年4月、11,000㎡もの広さの耕作放棄地を復刻させたそうです。

 

このような上籾の棚田を蘇らせる一大プロジェクトの一貫として

「上籾棚田テラス 籾庵」も運営されております。

 

 

「自然栽培のお野菜と発酵定食」(要予約)

野菜はこの土地で無農薬・無肥料で育てられ、ご飯はもちろん目の前の棚だから取れた棚田米。

野菜もお米も素材の味がしっかりと味わえます。トマトがとっても甘い!

豆腐も大豆から作り、自家製塩麹で漬け込んだ手羽のスープと旬のデザートの定食です。

 

 

食後にはゆずスカッシュと青空ソーダをいただきました。

 

日常を忘れられる景色を見ながら、身体に優しい食事ができる「籾庵」へ

身体的にも精神的にもリフレッシュさせにぜひ一度足を運んでみてください。

 

 

上籾棚田テラス「籾庵」

〒709-3621 岡山県久米南町上籾1300

◇木・金 12:00〜16:00

◇土・日 10:00〜16:00

ご予約、お問合せ 📞080-9684-6019

HP:https://kamimomipj.jp/cafe/

 

 

この棚田の景色を一人でも多くの方に知っていただきたいと思います。

弊社スタッフ一同、引き続き応援しています!

 

 

2021.8.18. 10:00
ウッドショック

岡山でも緊急事態宣言が発令され、行動自粛をしないといけない状況が続いています。
昨年から続く新型コロナウィルスの影響で、

仕事や生活面において様々な発見があったのではないかと思います。

 

 

住宅業界の分野でも、リモートワークの普及や家で過ごす時間が増えてきたことで

「家」の需要が高まっています。
そんな中、2021年4月以降世界的に木材が供給不足に陥り、

「ウッドショック」が大きな問題となっています。
なぜそんな状況になっているのか?

下記の2点が主な要因となっているようです。

 

 

アメリカ・中国での「建築木材の需要増加」

 

コロナ禍の影響で、これまでは都心に住んでいた人たちが、

郊外の住宅やを別荘を購入するケースが増えています。
そのなかでも、アメリカや中国の2大国で木材需要が拡大し続けており、
日本に入ってくる予定の材木が、アメリカや中国へ流れていっているのです。

 
コンテナ不足

 

ステイホームが広がったことで、コンテナ物流が一気に増え、世界的な物流の活性化が起きたと同時に、

港湾労働者やトラックドライバーが足りず、物流の停滞が起こり、

日本に届くはずの貨物が遅れ、日本の材木の在庫がいつなるか、という状況になりました。

スエズ運河の座礁事故も混乱に拍車をかけたようです。

 

 

世界的に木材不足になっていたとしても、
「日本には多くの山々があるので影響がないのでは?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし日本ではまだまだ林業の復興が進んでいないのが現状で、
国内の木材は6割以上を海外からの輸入に頼っている状況です。
現在、輸入材の不足分を国産材で補おうとしていますが、
国産材はもともと数量が少ないためどうしても価格が上昇します。

 

ウッドショックが発生したことで、
住宅業界では「いつ建築木材が」「どのくらいの価格で」
仕入れられるのかが先行き不透明な状態が続いています。

 

年内におさまるのではないか、と言われる方もいらっしゃいますが、
ウッドショックがいつまで続くかは、見通しが立っていない状況です。

 
現在進行中のお客様には、影響がないよう進めておりますが、
弊社でも今後は材木の価格が値上がりする可能性があること、
材木自体が入手できなければ工期が大幅に遅れる可能性があること、
どうぞご理解いただければ幸いです。

 

2021.5.10. 10:08
完成見学会ご来場ありがとうございました

4月下旬に開催した新築完成見学会が無事に終了いたしました。

ご協力いただきました施主様、

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

 

 

tsuyama_new_2021_04_02

 

嬉しいことに事前にご予約をたくさんいただき、

予約枠がほとんど埋まってしまったため

急遽時間枠と日程を追加して対応させていただきました。

 

当初の予定では最大18組様の予定でしたが、

4日間開催の1時間1組様限定で、26組ものお客様にご来場いただきました。

 

 

tsuyama_new_2021_04_03

 

お客様の声の一部をご紹介します。

「木をふんだんに使った内観が良かった」

「収納がたくさんあって良かった」

「デッキが開けて、下に色々収納できそうなのが良かった」

「丁寧な説明で楽しめた」

「質問に色々答えてくださり勉強になった」

 

tsuyama_new_2021_04_01

 

家具の展示は今回はヨネモノ様にご協力いただきました。

 

家の雰囲気ととても合うテーブルやチェア、飾り棚など

多数展示していただきました。

ありがとうございました。

 

ヨネモノ様WEBサイト(https://yonemono.com/)

 

 

 

また次回の見学会やイベントの予定が決まりましたらお知らせいたします。

2021.5.6. 10:26
木の家 × 薪ストーブ

top_slider

 

薪ストーブのある家を建てるなら兵恵建設にご相談ください!

薪ストーブ取扱店ならではの経験と知識で、住宅と薪ストーブのトータルコーディネートをいたします。

 

Web

 

薪ストーブは暖かいだけでなく、美しい炎による癒し効果があり、環境にもやさしい暖房機器です。

薪の調達や薪割りが必要なのでその分の手間はかかりますが、

それもまた薪ストーブのある暮らしの楽しみの1つとも言えます。

また、機種やデザイン、機能面でも様々なタイプがあります。

 

薪ストーブに興味のある方は、兵恵建設1階の薪ストーブショールームにぜひ一度お越しください。

薪ストーブのぬくもりの中で、専門スタッフが疑問や不安にお答えいたします。

 

ファイヤーワールド岡山HP

(ファイヤーワールド岡山は兵恵建設が運営する薪ストーブ専門店です)

 

2021.1.16. 10:20