板張り外壁について

外壁材は外観の印象を左右するとともに、一番雨風に晒される部分でもあるので、
耐久性や、メンテナンスのことも気になりますね。

 

見た目も気に入ったもので、コスト的にも納得がいくものを採用したいところです。

 

外壁の仕上げ材は塗装仕上げ、タイル仕上げ、ガルバリウム貼りなど色々な仕上げがあります。
それぞれの仕上げに一長一短があり雰囲気も材によって大きく変わります。

 

色んな素材がありますが、今回は板張りの外壁についてご紹介したいと思います。

 

 

弊社でも板張り外壁のお家は沢山手掛けさせていただきました。

板張りと一口に言っても、板にも沢山種類があります。
日本の木や海外の木、杉を焼いて対候性を高めた焼杉というものもあります。

 

 

 

板張り外壁のメリット

 

・木の風合いを感じられる

 

近年ではウッド調のサイディングなど、色んな建材がありますが、木には工業製品には出せない本物ならではの風合いの良さがあります。

また、年月が経っていくと木部の色は変化していきますが、それはそれでまた味わい深い雰囲気です。

劣化ではなく経年美化として素材の変化を住まいながら楽しむことができるのも魅力です。

 

 

・コスパがいい

 

コーキング材を使用している外壁では、劣化すると防水面で不安があるので、十数年に1度の補修が必要になりますが、木は適切な乾燥状態を上手に保つことができれば、数十年はノーメンテナンスでとても長持ちする建材です。条件や木材の種類によっては、30年以上メンテナンスフリーで大丈夫な物件もあるほどです。

また張り替えが必要になった際も、木の板は撤去費用、処分費用などが他の外壁に比べてとても安く済みます。

 

 

・メンテナンスがしやすい

 

着色するタイプの防腐剤を採用する場合はお施主様ご自身でのメンテナンス(塗装)も可能です。
部分的に反ったり割れたり、また、腐ったりしてしまった場合も、その部分だけやり替えができますし、ほとんどの木材が将来的になくなってしまうこともないため、同じ材料で張り替えができます。

 

※工業製品などでは、新しいデザインが出たり、それに合わせて廃番商品が出ています。

採用した外壁材が、数年後やり替えが必要になった際に材料としてなくなっている場合も考えられます。

 

 

 

板張り外壁のデメリット

 

・傷みやすい

 

あくまで木材なので、腐ったり、沿ったり、割れたりすることもあります。

 

 

・変色する。

 

こちらはメリットでもありデメリットでもありますが、年月が経っていくと木部の色が変化していきます。

 

 

・カビが生える可能性がある

 

陽当たりの悪い面などでは、通風がうまく取れず、カビが生えることがあります。

カビは見た目上気になりますが、耐久性上は問題ありません。また、年数が経てば目立ちにくくなります。

 

 

 

外壁の板張りを長持ちさせるコツ

 

基本的には、日常的にやっていただかなければいけないお手入れはありませんが、家の計画の段階で、雨風が外壁面に直接当たりにくくしたり、水切れが良いように木を施工してあげたり、水の跳ね返りを避けるために板外壁を地面から離して施工する、などの対策が必要になってきます。

 

また木の素地を見せたまま痛みを遅らせる塗料や、木の着色を兼ねた防腐剤など塗布することも長持ちさせる方法の一つです。

色あせ防止や耐久性の維持させるためには、数年に1度再塗装をしてあげることをおすすめします。

 

また湿気のあるところでは壁に沿って物を置かないこと。建物の外周をぐるりと回れる配置の余裕も必要です。

 

 

 

板張りの外壁ついてご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

 

いい所もあれば、もちろんデメリットもありますよね。

風合いが良く、非常にコスパの良い外壁材だと思うので、弊社でもおすすめさせていただいています。

 

既製品のように規格化された材料が揃うわけではなく、風合いも新築時から年数を追うごとにどんどん変わっていくので、

それがちょっと嫌だな、と思われる方にはもちろんおすすめできませんし、採用されない方がいいかと思います。

 

家の経年美化を住まいながら楽しみたい方、木の変化を味わいとして感じられる方にはぴったりの素材だと思います。

 

 

 

 

2021.9.1. 12:00
キッチンハウス様 岡山ショールーム

キッチンハウス様の岡山ショールームへ見学に行ってきました。

 

(画像は公式HPより引用 https://www.kitchenhouse.jp/showroom/okayama/)

 

建築家 隈研吾氏がデザインされたショールームは、前を車で通っただけでも目を引く建物です。

 

 

2階建ての建物に約15点ほどのキッチンが並び、どれもおしゃれで素敵なキッチンばかり。

 

キッチンハウスさんのキッチンには
・規格型の【グラフテクト】
・セミオーダー型の【キッチンハウス ベーシック】
・オートクチュール型の【キッチンハウス】
と展開されており、価格帯も

グラフテクト → キッチンハウス ベーシック → キッチンハウス

の順に高くなります。

 

 

【グラフテクト】

 

 

「グラフテクト」は規格型ですが、レイアウトやカラーなど豊富なバリエーションの中からカスタムできます。

キッチンハウスと同じ工場で製造されており、素材も同じものなので、品質はキッチンハウスと同等ながらとても良心的な価格です。

またテレビボードやソファなど、キッチンと合わせたコーディネートができる家具も豊富で、

「家具のようなキッチン」というキャッチコピーの通り、LDKの中に自然に馴染むおしゃれなキッチンです。

 

グラフテクトのWEBカタログ

 

 

【キッチンハウス ベーシック】

 

 

「キッチンハウス ベーシック」はキッチンハウスの中から人気のパーツやサイズ、レイアウトを厳選することでコストを下げることに実現したシリーズです。

厳選された中から選んで、自分好みのキッチンにすることができます。
初めてショールームに伺った時にはまだベーシックは発表されてなかったため、オートクチュールで作るキッチンは高価すぎるだろと諦めていましたが、このベーシックシリーズでは手の届く価格帯に。

グラフテクトでは選択できなかった、フェニックスという特殊な素材を使用してるマットな黒いキッチンがカッコいいなぁと思っていたのですが、キッチンベーシックだと選択可能になっていました。

 

キッチンハウス ベーシックのWEBカタログ

 

 

【キッチンハウス】

 

 

ベーシックでも十分なラインナップですが、さらにこだわりたい方はオートクチュールの「キッチンハウス」をご検討されても◎

 

 

家づくりも様々な設備や素材を選択して、予算と相談しながら自分たちの好みにつくり上げていきます。
キッチンはその一部分に過ぎません。
しかし毎日の生活の中で、キッチンに立つ時間は長いもの。
長い時間を過ごすキッチンだからこそ、こだわりたいと思う方も多いと思います。

 

初期投資は高くても「デザイン性の高いキッチンに愛着を持ちながら、質のいいものを長く使う」

そんな思いをお持ちの方、キッチンハウスさんおすすめです。

 

全国に12カ所しかないショールームが岡山市にあるというのも嬉しいポイント!

兵恵建設の施工する家にキッチンハウスさんのキッチンを導入されたい方、ぜひご相談ください。

 

2021.7.8. 10:00
YKK AP様モデルハウス見学

6月下旬にYKK AP様のモデルハウスの見学に行ってきました。

 

YKK AP様の商品を多数使ってあるお家なので、以下の文中

太文字の箇所をクリックしていただくと、YKK AP様の商品ページに飛ぶようにしております。

 

 

鳥取市にある「立川の家」はYKK AP様と、

鳥取の工務店、株式会社マツワ様とが協働して建てられた

戸建性能向上リノベーションのモデルハウスです。

 

つまり中古住宅を性能のいい家にしたということ。

 

中古住宅だと「改修しても住み心地は良くならないのでは?」

「地震や災害は大丈夫だろうか?」「外観の古さはそのまま?」

などの不安がある人も多いと思います。

 

その不安を解消したのが、YKK AP様が実施している

「戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト」

 

日本全国各地で展開されており、

今回見学させていただいた「立川の家」もその一つでした。

 

 

築43年の木造2階建の家を

断熱性能は「HEAT20 G2グレード」

耐震性能は「耐震等級3相当」

にリノベーションされており、外観は新築と見間違えるほど。

 

 

間取りもリノベーション前から大きく変わり、

2階にLDKとバルコニー、1階は水廻りと寝室、子ども室が2部屋という

間取りになっていました。

 

 

2階リビングの南面の開口には、耐震開口フレーム「フレームⅡ」を採用されており

開口部のある壁を耐力壁にすることが可能で、開放感溢れる大きな窓と、耐震性能を両立することができるそうです。

 

 

高性能樹脂窓で断熱性も高いのですが、さらに「アウターシェード」を取り付けることで、

夏の暑い日差しを遮り、室内温度の上昇を抑え、節電効果を発揮します。

こちらのシェード、日中は外から室内が見えにくくなっていますが、

室内からは外の眺望を妨げることがなく、日射を防ぎながら外の景色が楽めました。

 

 

1階のランドリールームのすぐ横には「サンルーム」が併設されていました。

鳥取は雨が多く、室内干しをされる方が多いのだそうです。

 

見学した日はよく晴れた日だったので、

ドアを開けてサンルームに入った途端、ムワッとした暑い空気が。

 

2階のエアコンしかつけていなかったのですが、

空調システムと断熱がよく効いていると実感できました。

 

 

こちらの「玄関ドア」「上吊りひさし」「宅配ポスト」もYKK AP様の商品です。

 

今回、YKK AP様の将来を見据えた「戸建性能向上リノベーション」という取り組みを知り、

実際に性能向上されたリノベーション住宅を見学することができ、大変勉強になりました。

 

 

兵恵建設のお客様も、新築かリフォームか、悩まれて相談に来られる方もいらっしゃいます。

 

建物の状態にもよりますが、新築よりも少し安く、新築同等もしくは上回る性能にできることや、

また中古物件は幅広いエリアにたくさんの物件があるので、

気に入ったエリアや好立地に物件を見つけやすいことなど、

こういったメリットを考え、中古住宅のリノベーションを、

家づくりの選択肢の一つとして考えてみてもいいかもしれません。

 

 

2021.6.30. 12:00
新築住宅の窓選び

住む人と住宅そのものを守り、省エネで夏涼しく冬は暖かい、

健康で快適な生活を送るために必要な住宅の断熱性と気密性。

 

エアコンなどの環境を快適にする大型家電が発達し、性能が向上したとしても、
住宅に「断熱性と気密性」の要素がなければ、

住宅内全体を本当に快適な環境にするのは難しいといえます。

 

そして、住宅の十分な断熱性を確保するには、住宅の断熱施工のほか、

十分な断熱性能を有する窓を選定することが大切です。

 

 

従来の一般住宅では、窓にアルミサッシ、1枚だけの単板ガラスという、

断熱を考慮しない窓が採用されてきました。

住宅の性能が向上する近年、住宅に採用する窓も性能を向上させています。

 

新築住宅に十分な断熱性を持たせるのであれば、

「樹脂サッシ」または「木製サッシ」

Low-eトリプルガラス・ペアガラス」や「トリプルガラス」を選択しましょう。

 

 

【従来のアルミサッシ窓】

 

熱を通しやすく、屋外の影響を受けやすい従来のアルミサッシ。

1枚のガラスで屋外と室内を仕切る窓は、夏は異常に室内を暑い環境にするだけでなく、

冬は窓際が寒く、結露で水浸しになってしまうという特徴がありました。

 

 

アルミの単板ガラス窓は、快適な生活を実現するにあたって、

適していない窓と言えます。

 

その理由は、熱を通しやすいこと。

断熱性が全く期待できない点にあります。

 

 

【樹脂サッシの特徴

 

樹脂サッシは、近年の新築住宅ではよく使われているサッシです。

断熱性能に優れ、暑い場所や冷えた場所においても、素材そのものがそれほど変化はしません。

 

樹脂サッシに使用されている塩化ビニール樹脂は、耐久性や加工性の良さに優れ、

自己消火性、省資源性などから、金属やガラス、木材、天然繊維などに代わる

軽くて丈夫なプラスチックとして、近年では世界的に広く一般に普及している素材です。

 

ガラスはペアガラスのほか・トリプルガラスも多くなってきています。

 

・断熱性能に優れている

・熱伝導率が小さい(外気温に左右されにくい)

・カラーバリエーションが豊富

・経年変化によって変色する可能性あり(カラーが長持ちしないなど)

 

 

【木製サッシの特徴

 

木製サッシは、自然素材を使うことで断熱性能が高いサッシです。

国内メーカーもありますが、輸入製品も多く採用されています。

ガラスはトリプルガラスが主流です。

 

「木」は樹脂と同じで熱伝導率が小さいため、

外気温に左右されることが少なく、断熱性能に優れています。

また、天然木が使われており、内観からのデザイン性もよく、

自然素材を多用した住まいにおすすめです。

 

・断熱性能に優れている

・熱伝導率が小さい(外気温に左右されにくい)

・自然素材

・デザイン性がよい

・長持ちさせるためには定期的に塗装をするなど、メンテナンスが必要

 

 

【ガラス面】

 

ガラス面はペアガラスの他、トリプルガラスというさらに性能が高いガラスも多くなっています。

さらにLow-e加工によりガラス表面に薄い金属膜を施し、

ガラスとガラスの間にはアルゴンガス・クリプトンガスを封入することで、

高い断熱性を保持します。

 

 

【断熱性の高い窓にした場合の室内の効果】

 

① 結露を防ぐ

冬場の窓の結露は、室内と屋外の温度差、そして湿気や湿度にあります。

断熱性の高い窓は、屋外と室内をきっちりと分け隔て、

結露の発生を防ぐことができる窓です。

 

② 夏場の暑さを和らげる

断熱性の高い窓は熱を通さない窓。

屋外の熱を住宅に侵入させず、室内のエアコンによる冷気を逃がさないため、

従来の窓に比べて圧倒的に夏場の暑さを和らげます。

 

③ 冬場も寒くない

冬場は窓のそばにいるだけで寒いという経験をした人も多いと思います。

冬場に室内の壁や窓などが冷えていると人体は熱を奪われ、体感上寒いと感じてしまいます。

夏場の暑さを和らげると同様、エアコンの暖気も逃がさない断熱性の高い窓の場合、

窓内側の表面温度をキープすることができ、

室内の暖気を逃がさず冬場も暖かい室内にすることができます。

 

 

【導入について】

 

樹脂サッシも木製サッシも、断熱性能としてはとても優れています。

 

一般的には、木製サッシが最も高価で、次に樹脂サッシ、アルミサッシの順になります。

サッシの価格は、窓枠の素材とともに中に入るガラスの種類によっても違いがあり、

ガラスの機能が高いほど、価格も割高になっていきます。

 

価格も高くなると、導入をためらってしまうという側面も少なくはありません。

 

しかしながら、断熱性の高い窓の導入は

長い期間を家族と快適で健康に暮らすにあたり、

住宅の断熱性の高さは欠かせない要素です。

 

熱の出入りが最も多い開口部は、

高い断熱性を持つ窓を採用することで、

住宅の多くのことに貢献する窓になります。

 

・家族の健康

・住宅の健康

・快適な室内温熱環境

・結露防止による住宅の高耐久性

・住宅資産価値

 

以上のことを考慮し、イメージやメンテナンス性、価格などを検討しながら

最適な窓を選択しましょう。

 

兵恵建設の標準仕様の窓は

サッシはオール樹脂、ガラスは

Low-eペアガラス

・トリプルガラス(一部使用)

となっております。

さらに快適性を求める方には

・木製サッシ

Low-eトリプルガラス

をお勧めしております。

 

2021.6.16. 12:00
造作建具のこと

今日は「造作建具」についてお話をします。

 

 

床や壁紙、照明などパッと目につくものはたくさんあるなか、

室内建具にも注目して考えてみましょう。

 

家の内装を考える際、

どんなドアにしようか、それとも引き戸にしようか、

小さな室内窓を付けたい、

窓枠をなくしてスッキリと見せたい。など、

建具についても考えることがあるかと思います。

建具は必ず目につくものですし、

毎日開け閉めする使用頻度の高いものです。

 

兵恵建設は既製品の建具も使用しますが、

職人が手づくりした「造作建具」を使用することもできます。

 

造作建具と既製品建具のメリットとデメリットをそれぞれ挙げてみたいと思います。

 

造作建具のメリット

造作建具のメリットとしての一番は「自由度」

好きな大きさやデザインでつくり上げることができます。

お客様の気に入った取っ手やノブなんかも取り付けることができますし、

材質の種類も自由に選べます。

部屋のイメージにあったデザインが可能ですので、

他の人とは違う、自分だけの空間を造るのに造作建具はもってこいだと思います。

またもう一つのメリットとして、

経年変化することによって味わいが出ること。

年数を経るに従い、「劣化」ではなく「味わい」に変わっていきます。

 

造作建具のデメリット

デメリットとしては、建具が反るなどして開閉しにくくなる点です。

木は人間と同じで呼吸をしています。

湿気を吸ったり吐き出したりする特徴があるので、

落ち着くのに数年は時間がかかると思います。

もちろんそうなった場合の調整はしますが、

最初の数年間はこのような調整が必要だということを覚えておいていただけると助かります。

 

また、価格面についても、デメリットと言えるでしょう。

正直造作建具は既製品と比べたら高くなります。

 

既製品建具のメリット

既製品建具のメリットは、まず価格。

既製品建具のほうが断然安い、というのは事実です。

 

また、反りにくいですし、既製品なので取り寄せなどに時間がかからず、

スピーディな施工ができます。

 

既製品建具のデメリット
デメリットは、造作建具と違い「自由度」が極端に低いこと。

デザインが凝ったものもありますが、

それでもやはり一から造るものに比べるとかなり制限されてしまいます。

 

また数年経って隙間やいわゆる建て付けが悪くなつた時、

調整することができないこと。

部品交換をしなければいけないのに、廃盤になってしまったなどの理由で

部品がない場合もあります。

 

そして、年月が経つと表面が色が褪せてきたり、

接着材が甘くなり剥がれてくる心配があります。

 

決して既製品の建具メーカーさんを否定しているわけではなく、

コスト削減や気に入ったデザインのものがあれば

既製品を選択するのももちろんありです。

 

予算とも相談しながら、「リビングのみ造作建具にしたい」

などの要望も承ります。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

2021.5.26. 10:03
家具屋さんのオーダーキッチン(奥田家具様)

天然木を使ったキッチンを制作しているという家具屋さんがあると知り、

先日伺ってみました。

 

鳥取市にある奥田家具さんです。

 

okudakagu_050415

 

店舗の中に展示してあるのは、カバ材とウォルナット材を使用したキッチン2点。

 

okudakagu_050413

okudakagu_050409

 

その他カールハンセンのYチャアや、北の住まい設計社様のダイニングテーブルなど

セレクトされた家具や小物などが多数展示してありました。

 

okudakagu_050405

 

アポなしで突然伺ったので、見るだけの予定でしたが、

代表の奥田さんがキッチンや家具について丁寧に説明してくださり、

施工例の写真もたくさん見せてくださいました。

 

キッチンの素材には、広葉樹(オーク材、チェリー材、ウォルナット材など)

一般的に家具で使われる良質な堅木の高級素材を使っているそう。

 

それぞれのお客様によって1からオーダーで制作するので、

サイズはもちろんのこと、キッチンパーツや、天板、設備機器等も

全て希望通りに制作できます。

 

 

okudakagu_050412

 

その分、お値段も相応にしますが、キッチンは毎日使う物。

長く、大事に使いたいですよね。

 

キッチンにこだわりのある方、天然木のキッチンにしたい方、

ぜひ奥田家具さんの店舗で実際にご覧になってみてください。

 

もちろん兵恵建設で建築される際、こちらのキッチンの取り付けも可能です。

 

 

okudakagu_050418

 

 

奥田家具

 

〒689-0333 鳥取県鳥取市気高町新町2-58

営業時間 9:00 AM – 7:00 PM

定休日:水曜日

TEL 0857-82-0113

 

 

2021.5.7. 12:00
耐震等級3で地震保険が安くなる。

2016年に発生した熊本地震

耐震等級3の家の被害が少なかった事から

住宅業界全体の耐震等級3取得の意識が高まりました。

 

今後、弊社でも耐震等級3取得に標準的に取り組んでいきます。

 

耐震等級3取得で地震保険が安くなる事はあまり知られていないようです。

一例ですが5年間の地震保険で

建物+家財の保険で84000円が

耐震等級3取得で46730円になります。

 

 

2020.10.12. 9:23
太陽光発電は損?得?

 

t

太陽光発電の売電金額が

2019年度26円/kWh
2020年度21円/kWh
年々下がってきています。

 

中国電力の電気料金を概算で27円/kWhと想定しますと、

現在、買う電気代より売る売電金額の方が低くなっています。
これにより家に太陽光発電を載せても損をするいう話を先日知人から聞きました。

 

今、太陽光発電を載せると

本当に損をするのか、答えはNOです。

 

損をするのか元が取れてさらに得をするのかは、
太陽光発電の設置に掛かった金額と売電+自己消費の金額を比較する事で判断します。
買う電気代より売電金額の方が高いか低いかはあまり関係がありません。

 

今年度弊社で太陽光発電を設置したお客様は
ほぼ10年前後で元が取れると想定しています。

 

家に太陽光発電を載せる事はほぼ間違いなく損をしない投資なのです。

2020.9.13. 10:52