ワークショップ「しめ縄リースづくり」

12月18日(土)にワークショップ「しめ縄のリースづくり」を開催しました。

前日の深夜から雪が降り続き、朝には会社周辺も雪が数センチ積もるほどでしたが、
開催時間前には雪もすっかり溶け、一安心💨

 

薪ストーブを焚いた暖かい会場でお迎えしました。

 

 

講師は「Hope Seed」の西村有希子先生。
年末にかけいろんな所でしめ縄リースのワークショップをされています。

 

 

お好きなしめ縄とお花のセット選んで、しめ縄リースづくりスタート。

 

 

まずはしめ縄につけるお花をスワッグ状にまとめていきます。

 

 

しめ縄に付ける時のバランスも考えながら、お花をまとめ、

 

 

麻紐でしめ縄にくくりつけます。

 

 

和紙をぐるりと巻き付け、

 

 

水引をつけたら完成です!

 

 

皆さま手際がよく、大体30分前後で出来上がっていました◎

 

出来上がった作品たち↓

 

 

しめ縄を縦向き、横向きかにするのか、

スワッグは上向き、下向き、横向きに配置してみたり、

水引の付け方もさまざまな、しめ縄リースが完成しました。

 

こんな素敵なしめ飾りが飾ってあると、お家もさらに素敵になりますね!

 

皆さまの感想でも、

「お店では売っていない、素敵なしめ飾りができて満足です。」

「みんなと違う自分だけのモノが作れて良かった。」

「とても素敵な作品ができました。早くお正月が来ないかなぁとワクワクしています。」

などと言ったお声をいただきました。

 

「毎年しめ飾りづくりを開催して欲しい」というお声もありましたので、

来年も開催を検討していきたいと思います。

 

参加してくださった皆さま、西村先生ありがとうございました!

 

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

こちらのイベントの様子を動画にしました。

↓兵恵建設公式YouTube↓

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

 

 

2021.12.21. 10:00
ワークショップ「ドライフラワーのスワッグづくり」

10月30日(土)にワークショップ「ドライフラワーのスワッグづくり」を開催しました。

 

講師は「Scent of Angels」の平賀美智子先生。

お忙しいところ、弊社までお越しいただき、出張レッスンを引き受けてくださいました。

 

 

お好みのドライフラワーのセットを選んで、

先生に作り方やコツを説明いただいた後、早速スワッグづくりに取り掛かります。

 

 

バラバラの状態から、バランスをみながらお花をまとめていきます。

 

 

お友達と相談したり、

 

 

先生にご指導いただきながら

 

 

バランスよくまとめることができたら、麻紐でしっかりと固定させます。

 

 

お花の雰囲気に合うリボンを選んで、

 

 

麻紐を隠すように結んだら完成です。

 

 

早い方は15分程度、丁寧に作っても1時間程度で完成しました。

 

出来上がった作品はこちら↓

 

 

お花の種類や組み方、リボンの色や結び方などで、

それぞれ雰囲気の違う素敵なスワッグが出来上がりました◎

 

また会場が薪ストーブのショールームだったこともあり、

薪ストーブでドライフラワーを作る場合のレクチャーもしていただきました。

 

 

生花のスワッグを作って、そのまま薪ストーブの横に掛けておきます。

 

 

もうすぐで年末なので、クリスマスやお正月をイメージしたスワッグ。

薪ストーブの周りだと、約1週間程度でドライフラワーになる予定です。

 

参加した皆さんからは

「先生が丁寧に教えてくださったので、素敵な作品ができました。」

「以前から平賀先生の作品が好きでしたので、とてもいい経験をさせていただきました。」

「ドライフラワーが好きなので、自分で作るスワッグは特別感があってとても気に入りました。」

「会場の雰囲気も良かったです。」

などのお声をいただきました。

 

参加してくださった皆さま、平賀先生ありがとうございました!

 

お花のワークショップを企画して、また平賀先生にお願いしたいと思います。

ご興味のある方はぜひお気軽にご参加ください♪

 

 

2021.11.1. 12:00
Scent of Angels 津山市の花屋さん

10月30日にワークショップでお世話になる
Scent of Angels さんのアトリエにお邪魔してきました。

 

住宅街の中にある隠れ家的花屋さん。

 

少しわかりづらいとこにありますが、

おしゃれな雰囲気が外観から溢れ出ています。

(外観の写真撮るの忘れていました涙)

 

 

店内に入ると、天井いっぱいに広がるドライフラワーや、

スワッグやリースなど、おしゃれな作品がたくさん!!

めちゃくちゃおしゃれです!!

 

 

家のインテリアに、お祝いやプレゼントにいかがでしょうか。

 

こちらのアトリエでもお花のレッスンされています♪

こんな空間でお花のレッスンできるのは幸せですね(o^^o)

 

 

 

[お店の情報]

Scent of Angels

岡山県津山市下高倉西555-12

TEL 090-2005-5401

https://scentofangels.stores.jp/

 

兵恵建設で開催するドライフラワーのスワッグづくりは、

ちょっとだけお得になっていますよ♪

 

ご興味のある方はぜひお気軽にご予約ください♪

↓詳しくはこちら↓

 

【ワークショップ】ドライフラワーのスワッグづくり

2021.10.18. 2:30
家型ポストづくり(事前練習)

9月25日(土)に予定している

ワークショップ「家型ポストをつくろう」の開催にあたり、

事前にポストづくりを行いました。

 

 

スギ材にはカットする箇所に印が書いてあり、

その印に沿ってノコギリで切っていきます。

 

 

杉材は柔らかいのでとても切りやすい反面、

丁寧に切らないと、節に沿って割れることもあるので慎重に。

 

 

切り終えたら丁寧にやすりがけを行い、家型に組み立てていきます。

釘打ちは金槌か電動ドライバー、それぞれやりやすい方を使用しました。

 

 

接着面にボンドを塗り、釘を打つ箇所を決め、打ち込んでいきます。

 

 

煙突の角柱は屋根に沿ってまっすぐになるよう

斜めにカットし(ここが意外と難しい)、屋根の板に取り付けます。

この煙突があることで、屋根を開けた時のストッパーの役割も担っています。

 

 

蝶番を取り付け、

(蝶番を取り付ける箇所には事前に溝の加工をしてありますよ♪)

 

 

最後に屋根の片方を固定すると、

あっという間に家型ポストの完成です。

 

 

速い人で1時間少しくらい、じっくり丁寧に作っても2時間程度でできました。

 

 

 

まだ白〜ほんのりピンク色の杉材ですが、

だんだんと黄味がかった色に変化していきます。

 

木の色の変化を楽しむのも良し、出来上がってから色を塗ってみるのもいいですね。

「小窓をつけるといいのでは」

「バーナーで炙ってみたいなど」

の意見も出てきました。

 

家型ポストという名目ですが、ポスト以外にも色々使用用途もありそうです。

 

興味のある方はぜひお気軽にご参加ください。

 

↓ワークショップの詳細はこちらより↓

2021.9.16. 12:00
ワークショップ「小さなイスをつくろう」

7月31日(土)にワークショップ「小さなイスをつくろう」を開催しました。

 

午前の部と午後の部、各回4組様限定のご予約が早々に埋まり、

計8組様にご参加いただきました。

モノづくりや木工が好きな方、子どもの夏休みの工作にとご家族で参加された方や、

小さなお子さま用のイスとして作られた方など、目的や年代も様々な方に参加いただけました。

 

講師は「ヨネモノ」の米山さん。

米山さんもこのようなワークショップは初めてだったとのこと。

兵恵建設も木工のワークショップは初めての試みです。

 

 

イスづくりの材料はこの状態まで米山さんが準備してくださいました。

準備だけでも相当大変だったようで、ほんと感謝です(T▽T)

 

まずは米山さんより前半部分のイスの作り方について説明をしていただきました。

 

 

危険な工具も使うため、工具の扱い方も丁寧に説明していただきます。

説明が終わったら早速イスづくりスタート!

 

 

四角い板の角をジグソーで丸くなるよう切断していきます。

 

 

小学生の女の子もサポートしてもらいながら挑戦!

とてもキレイにできていました◎

 

 

板が丸い形にできたら、ひたすら鉄ヤスリと紙ヤスリを使って削っていきます。

 

 

 

八角形の脚も丸くなるよう削ります。

 

 

ここまで約1時間ほど。

皆さん暑い中でしたが、集中して作業されていました。

 

 

それでは後半部分に突入! イスを組み立てていきます。

 

 

米山さんが実演しながら説明してくださいました。

 

 

座面の穴にボンドを塗り塗り。

 

 

金槌を使って脚を奥まで差し込みます。

3本全部差し込めたらひっくり返して、

 

 

くさびを打ち込んでいきます。

 

 

座面に添わしながら出っ張った部分を切り、

 

 

脚を水平になるように切っていきます。

 

 

切った箇所や、気になる箇所をヤスリで丁寧に仕上げたら・・・

 

 

約2時間で「小さなイス」の完成〜!

 

皆さんとても上手に作られていて、スタッフもびっくりしました。

 

「子どもも一緒に作れて良かった」

「木工のワークショップがあればまた参加したい」

「プロの人に教えてもらえて良かった」

「丁寧な説明で子どもにも分かりやすかった」

「木の性質も教えてくださり勉強になった」

 

などのお声を頂戴しました。

大人も子どもも楽しめるワークショップで大変好評でした◎

 

参加してくださった皆さま、米山さんありがとうございました!

 

また次回、木と触れ合えるワークショップや、お家に飾れる小物づくりなど

楽しんでもらえるイベントを考えていきたいと思います。

 

2021.8.2. 10:00
小さなイスづくり(事前練習)

7月31日に予定している
ワークショップ「小さなイスをつくろう」の開催にあたり、
事前にイスづくりを行ってみました。

 

準備するものや、作業時間はどのくらいかかるのかなどを
確認しながらの作業でしたが、
想像以上に楽しくイスづくりを行うことができました。

 

イスのパーツはヨネモノさんが準備してくださいました。

 

四角いパーツの座面は円形にしたり、四つ葉っぽくしたり、しずく型にしたり。

 

 

イスの脚は3本。

八角形の棒にやすりをかけ、八角形の形を生かしてもいいし、

頑張って円柱のようになるまできれいにしても◎

 

 

汚れてもいい格好で作業しましたが、服に木粉が結構つくので、

エプロンをして作業するのがいいかもしれません。

 

作業が早く終われば、ミツロウワックスで仕上げることもできます。

 

小学生以上のお子さんは、保護者の方と一緒に1脚を、
大人2人でも手分けして1脚つくるのに約2時間ほどで制作できます。

 

お子さまも気軽に木と触れ合うことができるイベントです。
小学生の夏休みの宿題の工作として、玄関や屋外作業時に、
また植物などの物置台として、小さなイスをつくってみませんか?

 

ワークショップは7月31日(土)
10時〜 14時〜
各回約2時間、4組様
合計8組様限定で行います。

 

詳しくは下記イベントページをご覧ください。

 

 

2021.6.22. 11:48