投稿:2021年5月26日

今日は「造作建具」についてお話をします。

 

 

床や壁紙、照明などパッと目につくものはたくさんあるなか、

室内建具にも注目して考えてみましょう。

 

家の内装を考える際、

どんなドアにしようか、それとも引き戸にしようか、

小さな室内窓を付けたい、

窓枠をなくしてスッキリと見せたい。など、

建具についても考えることがあるかと思います。

建具は必ず目につくものですし、

毎日開け閉めする使用頻度の高いものです。

 

兵恵建設は既製品の建具も使用しますが、

職人が手づくりした「造作建具」を使用することもできます。

 

造作建具と既製品建具のメリットとデメリットをそれぞれ挙げてみたいと思います。

 

造作建具のメリット

造作建具のメリットとしての一番は「自由度」

好きな大きさやデザインでつくり上げることができます。

お客様の気に入った取っ手やノブなんかも取り付けることができますし、

材質の種類も自由に選べます。

部屋のイメージにあったデザインが可能ですので、

他の人とは違う、自分だけの空間を造るのに造作建具はもってこいだと思います。

またもう一つのメリットとして、

経年変化することによって味わいが出ること。

年数を経るに従い、「劣化」ではなく「味わい」に変わっていきます。

 

造作建具のデメリット

デメリットとしては、建具が反るなどして開閉しにくくなる点です。

木は人間と同じで呼吸をしています。

湿気を吸ったり吐き出したりする特徴があるので、

落ち着くのに数年は時間がかかると思います。

もちろんそうなった場合の調整はしますが、

最初の数年間はこのような調整が必要だということを覚えておいていただけると助かります。

 

また、価格面についても、デメリットと言えるでしょう。

正直造作建具は既製品と比べたら高くなります。

 

既製品建具のメリット

既製品建具のメリットは、まず価格。

既製品建具のほうが断然安い、というのは事実です。

 

また、反りにくいですし、既製品なので取り寄せなどに時間がかからず、

スピーディな施工ができます。

 

既製品建具のデメリット
デメリットは、造作建具と違い「自由度」が極端に低いこと。

デザインが凝ったものもありますが、

それでもやはり一から造るものに比べるとかなり制限されてしまいます。

 

また数年経って隙間やいわゆる建て付けが悪くなつた時、

調整することができないこと。

部品交換をしなければいけないのに、廃盤になってしまったなどの理由で

部品がない場合もあります。

 

そして、年月が経つと表面が色が褪せてきたり、

接着材が甘くなり剥がれてくる心配があります。

 

決して既製品の建具メーカーさんを否定しているわけではなく、

コスト削減や気に入ったデザインのものがあれば

既製品を選択するのももちろんありです。

 

予算とも相談しながら、「リビングのみ造作建具にしたい」

などの要望も承ります。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

投稿:2021年5月10日

岡山でも緊急事態宣言が発令され、行動自粛をしないといけない状況が続いています。
昨年から続く新型コロナウィルスの影響で、

仕事や生活面において様々な発見があったのではないかと思います。

 

 

住宅業界の分野でも、リモートワークの普及や家で過ごす時間が増えてきたことで

「家」の需要が高まっています。
そんな中、2021年4月以降世界的に木材が供給不足に陥り、

「ウッドショック」が大きな問題となっています。
なぜそんな状況になっているのか?

下記の2点が主な要因となっているようです。

 

 

アメリカ・中国での「建築木材の需要増加」

 

コロナ禍の影響で、これまでは都心に住んでいた人たちが、

郊外の住宅やを別荘を購入するケースが増えています。
そのなかでも、アメリカや中国の2大国で木材需要が拡大し続けており、
日本に入ってくる予定の材木が、アメリカや中国へ流れていっているのです。

 
コンテナ不足

 

ステイホームが広がったことで、コンテナ物流が一気に増え、世界的な物流の活性化が起きたと同時に、

港湾労働者やトラックドライバーが足りず、物流の停滞が起こり、

日本に届くはずの貨物が遅れ、日本の材木の在庫がいつなるか、という状況になりました。

スエズ運河の座礁事故も混乱に拍車をかけたようです。

 

 

世界的に木材不足になっていたとしても、
「日本には多くの山々があるので影響がないのでは?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし日本ではまだまだ林業の復興が進んでいないのが現状で、
国内の木材は6割以上を海外からの輸入に頼っている状況です。
現在、輸入材の不足分を国産材で補おうとしていますが、
国産材はもともと数量が少ないためどうしても価格が上昇します。

 

ウッドショックが発生したことで、
住宅業界では「いつ建築木材が」「どのくらいの価格で」
仕入れられるのかが先行き不透明な状態が続いています。

 

年内におさまるのではないか、と言われる方もいらっしゃいますが、
ウッドショックがいつまで続くかは、見通しが立っていない状況です。

 
現在進行中のお客様には、影響がないよう進めておりますが、
弊社でも今後は材木の価格が値上がりする可能性があること、
材木自体が入手できなければ工期が大幅に遅れる可能性があること、
どうぞご理解いただければ幸いです。

 

投稿:2021年5月7日

天然木を使ったキッチンを制作しているという家具屋さんがあると知り、

先日伺ってみました。

 

鳥取市にある奥田家具さんです。

 

okudakagu_050415

 

店舗の中に展示してあるのは、カバ材とウォルナット材を使用したキッチン2点。

 

okudakagu_050413

okudakagu_050409

 

その他カールハンセンのYチャアや、北の住まい設計社様のダイニングテーブルなど

セレクトされた家具や小物などが多数展示してありました。

 

okudakagu_050405

 

アポなしで突然伺ったので、見るだけの予定でしたが、

代表の奥田さんがキッチンや家具について丁寧に説明してくださり、

施工例の写真もたくさん見せてくださいました。

 

キッチンの素材には、広葉樹(オーク材、チェリー材、ウォルナット材など)

一般的に家具で使われる良質な堅木の高級素材を使っているそう。

 

それぞれのお客様によって1からオーダーで制作するので、

サイズはもちろんのこと、キッチンパーツや、天板、設備機器等も

全て希望通りに制作できます。

 

 

okudakagu_050412

 

その分、お値段も相応にしますが、キッチンは毎日使う物。

長く、大事に使いたいですよね。

 

キッチンにこだわりのある方、天然木のキッチンにしたい方、

ぜひ奥田家具さんの店舗で実際にご覧になってみてください。

 

もちろん兵恵建設で建築される際、こちらのキッチンの取り付けも可能です。

 

 

okudakagu_050418

 

 

奥田家具

 

〒689-0333 鳥取県鳥取市気高町新町2-58

営業時間 9:00 AM – 7:00 PM

定休日:水曜日

TEL 0857-82-0113

 

 

投稿:2021年5月6日

4月下旬に開催した新築完成見学会が無事に終了いたしました。

ご協力いただきました施主様、

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

 

 

tsuyama_new_2021_04_02

 

嬉しいことに事前にご予約をたくさんいただき、

予約枠がほとんど埋まってしまったため

急遽時間枠と日程を追加して対応させていただきました。

 

当初の予定では最大18組様の予定でしたが、

4日間開催の1時間1組様限定で、26組ものお客様にご来場いただきました。

 

 

tsuyama_new_2021_04_03

 

お客様の声の一部をご紹介します。

「木をふんだんに使った内観が良かった」

「収納がたくさんあって良かった」

「デッキが開けて、下に色々収納できそうなのが良かった」

「丁寧な説明で楽しめた」

「質問に色々答えてくださり勉強になった」

 

tsuyama_new_2021_04_01

 

家具の展示は今回はヨネモノ様にご協力いただきました。

 

家の雰囲気ととても合うテーブルやチェア、飾り棚など

多数展示していただきました。

ありがとうございました。

 

ヨネモノ様WEBサイト(https://yonemono.com/)

 

 

 

また次回の見学会やイベントの予定が決まりましたらお知らせいたします。