家型ポストづくり(事前練習)
投稿:2021年9月16日

9月25日(土)に予定している

ワークショップ「家型ポストをつくろう」の開催にあたり、

事前にポストづくりを行いました。

 

 

スギ材にはカットする箇所に印が書いてあり、

その印に沿ってノコギリで切っていきます。

 

 

杉材は柔らかいのでとても切りやすい反面、

丁寧に切らないと、節に沿って割れることもあるので慎重に。

 

 

切り終えたら丁寧にやすりがけを行い、家型に組み立てていきます。

釘打ちは金槌か電動ドライバー、それぞれやりやすい方を使用しました。

 

 

接着面にボンドを塗り、釘を打つ箇所を決め、打ち込んでいきます。

 

 

煙突の角柱は屋根に沿ってまっすぐになるよう

斜めにカットし(ここが意外と難しい)、屋根の板に取り付けます。

この煙突があることで、屋根を開けた時のストッパーの役割も担っています。

 

 

蝶番を取り付け、

(蝶番を取り付ける箇所には事前に溝の加工をしてありますよ♪)

 

 

最後に屋根の片方を固定すると、

あっという間に家型ポストの完成です。

 

 

速い人で1時間少しくらい、じっくり丁寧に作っても2時間程度でできました。

 

 

 

まだ白〜ほんのりピンク色の杉材ですが、

だんだんと黄味がかった色に変化していきます。

 

木の色の変化を楽しむのも良し、出来上がってから色を塗ってみるのもいいですね。

「小窓をつけるといいのでは」

「バーナーで炙ってみたいなど」

の意見も出てきました。

 

家型ポストという名目ですが、ポスト以外にも色々使用用途もありそうです。

 

興味のある方はぜひお気軽にご参加ください。

 

↓ワークショップの詳細はこちらより↓